日本語のサイト

日本語のサイト » 日本語のサイト
Share the Vision
founding members
IBM Intel Microsoft Panasonic Sont Toshiba The Walt Disney Company Warner Bros. Studio

 2007年9月7日 - セキュリティ・アップデートに関するお知らせ

 

AACS LAAdvanced Access Content System Licensing Administrator)は、HD DVDおよびブルーレイ・ディスクの映画タイトルの不正コピーのため正規ライセンスを受けずに作成された不正ソフトウェア・プレーヤーに使われているAACS暗号鍵を失効させたことを発表します。この実行に当りAACS LAは、AACS暗号鍵が取り出されたソフトウェア・プレーヤー製品メーカーと緊密な作業を行ないました。

 

ユーザの皆様は、HD DVDビデオおよびブルーレイ・ディスク対応ソフトウェア・プレーヤーの最新版をダウンロードして対象ソフトウェア・プレーヤーの暗号鍵を更新することにより、AACS技術で保護されたコンテンツを引き続きお楽しみいただくことができます。ユーザの皆様が利用されているブルーレイ・ディスクまたはHD DVDビデオ対応ソフトウェア・プレーヤーの最新バージョン情報につきましては、各製品メーカーにご確認いただきますようお願いします。以下は、関連情報とアップデートを提供する製品メーカーへのリンクです。

 

サイバーリンク株式会社  (CyberLink Inc.)

http://www.cyberlink.com/multi/patch/index.jsp

 

 

 

2007年9月7日 - AACS暗号鍵の予防的暗号鍵更新開始に関するお知らせ

 

AACS LAは、主にソフトウェア・プレーヤー製品を対象として、製品メーカーがAACS暗号鍵の定期的更新を行ない、その後AACS LAが以前の暗号鍵を失効させる、AACS暗号鍵の予防的更新を開始したことを発表します。この手法は、価値ある高画質コンテンツをユーザの皆様にお届けするというAACS技術の意義を維持することに役立ちます。 ユーザの皆様は、ソフトウェア・プレーヤーを引き続きこれまで通りお使いいただけるように製品メーカーからアップデートやパッチが定期的に提供されることにご留意ください。ソフトウェアでは更新は一般的です。AACSのライセンス規定にある通り、ソフトウェア・プレーヤー製品メーカーはユーザ・フレンドリーな方法で更新を行なうようにしてください。

2007年4月16日 - セキュリティ・アップデートに関するお知らせ (URL追加)

  HD DVDビデオおよびブルーレイ・ディスクを再生するPCソフトウェア・プレーヤーに対する攻撃への対策として、AACS LAAdvanced Access Content System Licensing Administrator)は、関係する製品メーカーと協力して、当該ソフトウェア・プレーヤーの特定の実装に使われている暗号鍵を失効させたことを発表しました。

  ユーザの皆様は、HD DVDビデオおよびブルーレイ・ディスク対応ソフトウェア・プレーヤーに使われている暗号鍵を更新することにより、AACS技術で保護されたコンテンツを引き続き楽しむことができます。この暗号鍵の更新は、簡単なオンライン・アップデートにより行なえます。

 
このオンライン・アップデートにより、製品メーカーは、当該暗号鍵の失効のために用意された情報が新しい映画ディスクで配布される前に、ソフトウェア・プレーヤーの実装が更新されることを期待しています。

  ユーザの皆様が利用されているブルーレイ・ディスクまたはHD DVDビデオ対応ソフトウェア・プレーヤーの最新バージョン情報につきましては、各製品メーカーにご確認ください。以下は、関連情報とアップデートを提供する製品メーカーへのリンクです。

インタービデオジャパン株式会社  (InterVideo Japan Inc.)

http://www.intervideo.co.jp/support/news/20070406.html

 

サイバーリンク株式会社  (CyberLink Inc.)

http://www.cyberlink.com/multi/patch/index.jsp

 

最新ニュース

AACS テクノロジー攻撃に対する是正措置

213日に報じられたAACSに対する攻撃に関して、AACS LAではプロセッシング・キーと言われる鍵が不正に一部のウェッブサイトで公開されていることを確認いたしました。 この攻撃は、これまでに報じられた攻撃(一つもしくは複数のライセンス製品における特定の実装に対する攻撃)の変種です。 前回とは別の鍵が公開されましたが、これに対してもAACSコンテンツ保護システムは十分対応出来ます。これまでに報じられた攻撃に用いることが出来る技術的および法的な対抗手段は、いずれも今回の攻撃に対しても有効です。


2007年 1月24日

AACS LA (Advanced Access Content System Licensing Administrator) では、AACS技術を用いてディスク上のコンテンツを保護する際に使われるタイトル鍵が一部のウェッブサイトで不正に公開されていることを確認いたしました。この事実はAACSのライセンスを取得した一つもしくは複数のプレイヤー製品 (ソフトウェア製品を含む)が攻撃をうけたことを示しています。この攻撃は特定の製品の実装に対するものであり、AACSコンテンツ保護システムそのもの、あるいは特定の光ディスクフォーマットに対するものではありません。今回の件は、製品に実装されたAACS機能が破られないよう、全てのライセンス契約締結者(Adopter)がAACSライセンス契約に定められた遵守規定(Compliance Rule)と強靭性規定(Robustness Rule)に従うことの必要性を示しています。AACS LAは、本件のような攻撃に対して、技術的および法的な対抗手段を用い、あらゆる適切な是正措置を講じる所存です。

すばらしい AACS 技術に関する歴史と背景: 概要を知る

AACS を支援している信頼できる業界者: 創設者を訪ねる

AACS についてのすべて: ホワイト ペーパーを読む